家出掲示板の体験談 山形県

山形県村山市在住 H.Oさん(20歳)

俺は引っ込み思案というか、ちょっと消極的な性格で友達が少ないタイプです。もちろん、女友達もあまりいません。大学生になった時に、環境の変化に合わせて、自分を変えようと努力もしてみましたが、無駄でした。こんな俺ですが、やっぱり彼女が欲しくて、無理をして合コンに行ってみたり、友達に女の子を紹介してもらったりもしました。でも、消極的な性格のせいで、彼女どころか、友達にもなれませんでした。

自分を変えたい!変えて彼女を作りたい!そう思って、出会い系に行ってみたり、チャットをしてみたり、色々な場所に出入りして、最後に僕が見つけた掲示板が家出掲示板です。家出掲示板は、困っている女の子がたくさんいます。だから、人助け気分でメールができて、少しは気楽に女の子と話せそうな気がしたんです。実際にメールしてみると、その通りでした。

泊まる場所がなかったり、お金がなかったりする女の子にメールをして、良かったら夕飯でもと誘うだけです。悪いことをしているわけじゃない。むしろ、良いことをしているのだからと自分を励まして、俺は夕飯だけでも奢って欲しいという23才の年上女性にメールをしました。ファミレスで良かったら夕飯を奢るとメールすると、23才の女性からは、どこでも夕飯が食べられたら嬉しいと返事が来ました。

メールに何を書いていいのかわからず、本当に必要な打ち合わせだけをして、ファミレスの近くで待ち合わせをしました。待ち合わせ場所に行ってみると、本当のその女性がいて、俺はその女性と二人でファミレスに入りました。年上女性でしたが、向こうが僕に気を遣ってくれたので、僕は同学年の女の子と話すより、気楽に話せ、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。その後、良ければ泊めて欲しいと言われましたが、初めて会った女性を部屋に連れて行くのはなんだか悪い気がして、オールでカラオケをしました。このとき、部屋に呼ばず、二人でカラオケをした僕のことを、彼女が紳士的だったと言って気に入ってくれ、その後もちょくちょく会うようになりました。そして、今はなんと僕の彼女になっています。

このページの先頭へ

家出掲示板サイト 地域別